• 野良猫撃退で気を付けたいポイント

    害獣の被害が郊外だけではなく市街地にも広がってきて、ハクビシンやネズミ、アライグマなど深刻な被害を受けています。

    その中でも気を付けたいのが野良猫や野良犬で、意外と数が多くトラブルに遭遇している人は多いです。庭を荒らされるだけではなく、時として自宅内にも侵入してきますので、見つけた時には対策が必要になります。

    ただここで注意したいのは野良猫撃退についてで、その他の動物に関してよりも気を使う必要があり、ご近所トラブルの原因になるかもしれません。

    野良猫撃退に関しては他の害獣と同様に行えますが、気を付けたいのが野良猫だけではなく、飼い猫が迷い込んでくる可能性についてです。



    完全に自宅で飼われている猫ばかりではなく、自由に外を駆け回っている場合もあります。



    そのため毒性の強い餌や危険性の高い罠というのは避けた方が良く、野良だけではなく飼い猫がかかってしまう場合が考えられるので注意してください。


    勝手に侵入してくる方が悪いのですが、ご近所トラブルのきっかけになるので、気を付けた方がいいです。
    それゆえ野良猫撃退に関しては猫が嫌がる超音波やにおいなど、安全性の高いものを利用した方がトラブルが起こる可能性が低くなります。



    賃貸住宅ならともかく、持ち家に関しては一度揉めてしまうと後々まで続くので事前に避けた方が良いです。野良猫と飼い猫の違いは分からないので、安全度を重視した撃退を行うことが面倒ごとを避ける秘訣になります。