介護給付金、ファクタリングの基本的な情報について

介護給付金とは、介護保険の保険者から介護施設などの事業者に支払われる給付金のことです。

ファクタリングについての知識を高めてもらうためのサイトです。

日本では40歳になると公的介護保険に加入する必要が発生します。

そしてもし、何らかの病気や、あるいは老化現象により、介護や支援を受けなければ日常生活を送るのが難しいと言うような状態になった時には、然るべき審査を受けることで、介護サービスを受けることができます。

ですがその際に発生した料金を全額、負担する必要はなく、この9割は介護保険によって補助されます。

一方、サービスを提供した側、介護事業者は、一定期間内に介護保険の保険者に対して、利用者が支払わなかった9割の部分の支払いを請求する必要があります。
その請求によって支払われるのが、介護給付金と言うことです。しかし請求をしてから介護給付金が支払われるまでには、2か月の時間を要します。

つまりその間は、未払い部分の9割は売掛金として残ってしまっていると言うことです。



そこでこの売掛金を一定のパーセンテイジの価格で買取り、介護事業所に買い取った分のお金を支払うと言うのがファクタリングの仕組みです。



ファクタリングを利用することで、介護給付金が支払われるよりも早くに、その部分に該当する収益の何割かを手に入れることができると言うことです。
またファクタリングは、あくまでも将来の収益を先取りすると言う制度であるため、融資などとは異なり返済義務がないシステムでもあります。

そのため介護事業者においては、利用されることも多いシステムです。