• ハト駆除方法【糞害や巣作りについて】

    平和の象徴と言えばハトを思い出しますが、ハトは車や建物に糞を落し、それが深刻な問題となっています。



    伝書鳩など家畜として飼育されていたこともあり、カラスのように人に危害を加えないものとして考えられ、お寺の境内や公園に飛来し、人の生活圏で戯れる光景を思い出します。



    近年インフラ整備が進む中、ハトの活動エリアが狭くなり、マンションやガード下などの建物の下に群れで飛来し、場合によっては巣を作ることもあるでしょう。

    ハトの糞は建物や車の塗装を変色させ、また、剥がれの原因とも言われています。
    人間の生活に慣れたハトは人を怖がらず、また知能の優れていることから天敵から狙われない場所に巣を作ります。


    巣が出来ると卵を産み付け、安全地帯として住み着きます。

    ハトの鳴き声は意外に煩く、糞害を避ける目的でもハト駆除が必要です。
    費用をかけずにハト駆除をするためにはワイヤーやテグスを使います。



    ベランダの手すりなどのハトが止まる場所にテグスやワイヤーを張っておけばハトが止まることはありません。
    ハト駆除に必要なテグスやワイヤーを張るための道具はホームセンター等で販売しています。

    忌避剤は汚れの原因になりますし、効果が限定的であり、カラスのやタカのかたちをした風船などもありますが、知能の高いハトはそれが本物ではないということをすぐに理解します。


    テグスやワイヤーであれば劣化しない限り効果は続き、ハト駆除に高い効果を発揮します。