Skip to content

雨漏りには保険が適用されるのか

自然災害は突然起こることが多いので、いつ起こるか誰にも予測ができません。

もし、豪雨によって雨漏りが起こってしまった場合には保険が適用されるのか悩んでいる方も多いはずです。雨漏りによって、火災保険が適用されるかといいますと保険料は支払われないと考えておきましょう。保証される場合としては、雨漏りが間接的な原因となり建物に損害があった場合に適用されます。その場合は風災保障と呼ばれますので、現在加入している保証の内容を確認してみましょう。その他には、住宅瑕疵担保責任保険・供託があります。

家は年数がたつと、どんどん老朽化が進んでしまいます。新築から10年経過した住宅に雨漏りのような損害が起こった場合に、修理を行った業者から保険金が支払われるという制度です。雨漏りを直接保証してくれますので、新築住宅のみを対象に保証しています。供託とは、業者が法律で定められている額の補償金を法務局などの供託所に預けておくことをいいます。

万が一、新築の住宅に何かしらの損害があった場合には補償金から修理代金が支払われますので負担をする必要はありません。しかし、新築の住宅に限られた保証ですので全ての人が利用できるという訳ではありません。万が一の事態が起こった場合には、補償内容をよく確認してから対処を考えるようにしましょう。自分で判断が難しいと感じた場合には、専門の業者に調査を行ってもらいましょう。屋根の修理には費用がかかりますので、上手く利用をしてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *