Skip to content

雨漏りに保険は下りるか

雨漏りといっても、すべての雨漏りに火災保険が適用されるわけではありません。

そもそも、火災保険の補償対象は、次のようなものです。火災、落雷、風災、雪災、水災、破裂・爆発、盗難、物体の落下、騒擾などです。ですから、屋根の経年劣化や老朽化による雨漏りは対象にはなりません。補償対象になっているのは、風災による雨漏りです。風災とは、台風、竜巻、暴風雨、突風などを指します。また、風による直接被害だけでなく、強風でモノが飛ばされて、その物体が屋根に当たり、損傷を起こして、雨漏りがするケースも、補償対象になります。

具体的に挙げていくと、瓦がめくれた、ひび割れた、スレートやトタンが吹き飛ばされた、屋根に穴が開いた、雨どいが風にあおられて、吹き飛んだなど、いろいろあります。問題は、風災による被害日から3年以内でないと、補償されないことです。期限を過ぎると、修理代金は出ませんので、注意してください。それと、修理代金が20万円以上でないと、補償されないケースが多いです。多少の違いはありますが、一応の目安を20万円と考えてください。

これで、補償の範囲はおわかりになられたでしょうが、補償がされても、保険料には変化がありませんので、ご安心ください。後は、業者を探して、調査してもらい、保険が適用可能かどうかを見てもらいます。可能であると判断されれば、見積もりをしてもらい、業者と契約をします。調査内容は、保険会社に送られ、従業員が改めて、現場で確認をします。調査内容には、現場の写真がついているので、この作業を省くところもあります。この後、修理代金が指定口座に振り込まれ、無料修理となります。急ぎの場合、支払いが行われることが決まったら、先に修理代金を払って、後で補償のお金を受け取ることもできます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *