Skip to content

保険で直すことが出来ない雨漏りとは

雨漏りの補修費用は火災保険で出してもらえるということはそれなりに知られていますが、実際には保険で直してもらうことが出来ないような雨漏りもあると言うことは案外知られていません。

では具体的にどういった雨漏りだと保険で直すことが出来ないのかと言うと、これは災害以外によって発生した場合です。そもそも火災保険というのは火災を含む災害、つまり住宅に住む人に過失が無かったにもかかわらず住宅が破損してしまった場合に適用されるものです。そのため火災はもちろんのこと、台風や竜巻といった被害によって引き起こされた雨漏りであれば適用の対象になるのですが、単純に経年劣化で屋根が壊れて雨が室内に入ってくるようになったなどの場合は、災害であるとはみなされません。

それに対しても対象としてしまっては制度の根幹が揺らぐことになりますから、基本的に災害以外の原因によって被害が出た場合には適用の対象外になるのです。ただこの判断が難しいものになるのが、台風の後にしばらくしてから雨漏りの症状が出始めた場合です。実際のところこういったケースは「経年劣化が多少発生していたところに、台風がとどめをさした」といった形になるのが多いのですが、これが災害によるものだと主張できるかどうかというのはそれぞれのケースで異なります。

保険会社によっては調査を行って因果関係が立証されれば問題無く適用対象にするとしているところもありますし、台風の後でそれなりに時間が経っている場合には因果関係が立証出来ないということで適用の対象外にするところもあります。そのため台風などの災害が起きた後には、多少面倒でも屋根の状態などはチェックし、被害が出ていないかどうか確認することをお勧めします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *