Skip to content

雨漏りは火災保険の対象となる事もある

住宅の火災保険は、雨漏り修理にも適応される場合もあります。

しかし、保険料が支払われるか否かは、雨漏りの原因や修理費用などによって異なる可能性があります。契約している保険にもよりますが、雨漏りの修理費用が20万円以下である場合は、補償の対象とはならないケースが多いのです。また、被害を受けてから時間が経過していると、申請をしても認められない可能性もあります。修理が必要となった場合には、2~3年以内に申請をするようにしましょう。

この期間を経過すると、修理が必要であるとしても補償がされない可能性がありますので注意が必要でしょう。なお、補償されるのはあくまでも雨漏りが起こる前の状態に戻すということです。リフォーム工事とは異なりますので、修理方法によっては修理費用の全てが補償されるとは限りませんので、事前に確認をするようにしましょう。保険を選ぶという場合、どれを選べば良いか分からないという人も多いでしょう。

金額などや支給額、条件などをしっかりと確認した上で、契約をするようにしましょう。選ぶのが難しいからと言って、訪問販売をしているような業者には注意が必要でしょう。全てが悪いというわけではありませんが、他と比較することが出来ない事や契約内容をしっかりと把握することが出来ないことが多いこと、後々トラブルになる可能性があることなどから、その場で契約を迫るようなところとは契約をしないほうが良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *