Skip to content

雨漏りを火災保険で修理する方法

意外と知られていないことですが、一定の条件を満たしてさえいれば、雨漏りを火災保険で修理することができます。

その条件とは、突風や強風、豪雨や台風といった強い風により破損した場合、また雹や落雪、積雪などが原因で破損した場合などです。もちろん、経年劣化が原因で雨漏りしている場合は、火災保険で修理することはできません。しかし、ここで是非注意しておきたいのは、素人判断で申請をしない方が意外に多いということです。実際に、経年劣化の判断を行なうのは、その家に住んでいる本人でも屋根の修理業者でもありません。

また保険会社が判断するのでもなく、第三者の機関が行なうのです。それで、自分で判断して経年劣化に違いないと考え、申請をしないなら、非常に多額の金額を手入り費用として払わなければならなくなってしまいます。実際には、風や雪などが直接の原因となって傷みが進み、雨漏りしたといったケースは意外に多くあるため、少しでもその可能性があれば、屋根の修理業者に調査を依頼してみることができるでしょう。

このようにして、実際に雨漏りで火災保険の申請をしたいと思う場合、スムーズに各手順を進めていくためには、最初の電話連絡が重要なポイントとなります。基本的に、最初の電話連絡が申請となるため、失敗が許されません。最初に保険会社に連絡して問い合わせを行なうのではなく、まず専門業者に連絡して問い合わせをするほうが、否決されてしまう確率が断然低くなると言われています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *