Skip to content

屋根瓦が原因の雨漏りを修繕するなら

屋根瓦が壊れてしまっているのを放置していると、雨漏りが発生します。

基本的に屋根瓦は、整然と施工されているのが自然であり、一枚でも瓦が欠けていると雨が入り込むには充分な隙間となってしまいます。瓦は一枚の単位で施工されているのが最大のメリットです。屋根板材で施工されていると、小さな破損でも全体面で施工しなおさなければならなくなる場合もあるのですが、瓦に関しては瓦一枚ごとの施工で済ませられます。整然と施工されている瓦は、一枚ごとに取り外しができるのもポイントです。

欠損している瓦をピンポイントで除去して、新しい瓦に交換するだけで雨漏りが解消されます。古い瓦を除去するときに、下地の具合も確認してもらいましょう。雨漏りが進行していると、瓦の裏側の接していた場所に黒くカビが繁殖してしまっている場合があるからです。カビは簡単に除去できますが、依頼する必要があります。工務店の人に現状確認の写真を撮影してもらいましょう。カメラは施主が用意して工務店の人に渡します。

写真を見て黒カビらしい汚れを見つけたら、除菌もしくは殺菌を依頼します。カビを除去すると、下地の木材の腐食も確認できます。多少の腐食であれば、コーキングで補修できます。防水性の備わっているコーキング剤で施工してもらえば、補強効果も備わります。新しい屋根瓦を設置するときも、コーキング剤を塗布してもらいましょう。雨漏りした箇所は、雨漏りが再発しやすい箇所でもあるので、できる限りの防水施工をしておくと心強いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *