Skip to content

屋根の隙間をコーキングして雨漏りを修繕

屋根の補修工事は、足場を組む必要があるので、工事費用が高くなります。

足場の組み立てと取り外しの作業で、一日分の日程も必要になります。屋根に何らかの不具合が発生して雨漏りになっているときに、少しでも経済的に安く修繕工事を実施したいときは、工務店に相談して原因を解明してもらいましょう。屋根に隙間が発生していると雨漏りが発生しますが、隙間を埋めてしまえば雨水が入らなくなります。隙間を埋める代表的な施工がコーキングです。コーキングガンという名称の器具に、チューブ状のコーキング剤を装着して、コーキング剤を塗布します。

器具も材料もホームセンターで個人が購入できますが、屋根の上の作業は工務店や専門の施工業者に一任したほうが安全です。安全に作業できないと、仕上がりにも影響が出ます。工務店の担当者が屋根を確認して、コーキングだけで修繕できると判断した場合は、見積もりをお願いしてみましょう。確認の人別の日程で修繕工事を行なう場合は、工務店ではなく施主側で器具と材料をホームセンターで購入しておく選択肢も可能だからです。

雨漏りの修繕工事は、材料費と人件費が内訳になります。材料費を施主側が用意しておけば、材料費を軽減させられる場合があります。材料を自分で準備して、施工業務だけを工務店に依頼する方法です。コーキングの施工業務だけであれば、足場を組まなくても可能な場合が多いので、作業時間も半日程度で済ませられます。見積もりの段階で相談できるので、どうしても工事費用を安くしたい場合は検討してみると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *