Skip to content

屋根の棟板金を取り外して雨漏りを修繕する

木造建築の住まいは、雨漏りが発生したら破損箇所を早急に修繕してもらいましょう。

屋根の破損箇所で注目したいのは、隙間と穴ですが、棟板金が施工されている形状の場合は、できるだけ棟板金を外して診断してもらいましょう。棟板金の取り外し作業は決して困難ではないのですが、安全性が重要なので工務店に依頼します。雨漏りに限定したリフォーム施工業者に依頼する場合も、棟板金の取り外しが可能か確認してから正式に依頼すると良いでしょう。

屋根に登ってみて、穴と隙間を見つけたら、基本的には塞ぐ作業だけで雨は入らなくなります。雨漏り防止にはコーキングが安価で簡単で便利ですし、リフォーム専門業者の多くは低価格帯で請け負ってくれます。棟板金を取り外して診断してもらえる工務店やリフォーム専門業者は、工事費用は高くなりますが、雨漏りによる被害を補修してくれる利点があります。棟板金を取り外してみないと、雨の侵入箇所のダメージ具合は診断できません。屋根に直射日光が当たりやすいと、雨に濡れても乾燥しやすく、衛生的です。

棟板金の下に雨が入ってしまっていると、直射日光で蒸されてしまい、必ずしも乾燥しやすいとは言えない環境になってしまいます。棟板金を外して、傷んでいる箇所がなければ、棟板金を被せれば大丈夫です。傷んでいる箇所があれば、適切に修繕してもらいましょう。屋根に登る作業なので、一度の依頼で、棟板金の周辺の修繕とコーキングを施工してもらいましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *