Skip to content

自然災害が屋根に影響して雨漏りする場合とは

自然災害が原因で雨漏りが発生してしまう場合があります。

新築したばかりの一戸建てや、リフォーム後の一戸建てであっても、自然災害が発生したときは影響を受けます。大きな地震で建物が揺れる場合は、建物としての柔軟性のある構造体と、硬くて堅固な施工で影響が異なります。柔軟性のある構造体は、激しく揺れても元通りに戻るように設計されています。耐震性能が該当します。硬くて堅固な施工は、激しく揺れたときにヒビワレしてしまいやすいです。

屋根の施工は柔軟性が備わっていても、塗膜は硬くて堅固な施工なので、ヒビワレしやすいです。屋根塗装の塗膜に亀裂が発生するのは、経年劣化が原因とは限りません。許容量オーバーの負荷による圧力が原因で亀裂が発生します。亀裂は雨漏りの原因になります。小さくて目立たない亀裂であっても、雨に濡れて、ゆっくりと雨水が入り込みます。最初は室内の天井にシミが発生する程度であっても、天井が乾燥しにくくなったときに、水滴となって室内に落ちてくるようになります。屋根の亀裂は、塗装の塗膜の亀裂だといえます。

雨漏りの修理で気をつけたいのは、必ずしも高額な修理だけではない点です。小さくて目立たない亀裂であれば、コーキングで対応できるからです。コーキング剤は安価で購入できます。ホームセンターで購入できるので覚えておきましょう。コーキングを自分で購入したからといって、自分で屋根に登らなくても修理できる方法が、工務店への依頼です。施主支給の発想と同じで、材料費を自分で負担して、施工工事のみを請け負ってもらう契約です。地震で大きく揺れたと感じたときに、点検を依頼するのも良い方法です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *